3/15/2015

雨の訪問者…

雨の中、大きなバックパックと手荷物を抱えてランチにいらしてくださったお2人…
ヴィーガンである外国人にとって、食事に関して日本を旅することはとても大変です。野菜料理といってもほとんどの場合、ダシに煮干しや鰹節が使われているので、あれを抜いてください、これを入れないでくださいのリクエストをしても、言葉もはっきり通じず、困ることが多い。そこで、そのような外国人が世界版のウェッブサイトを見て『花』に訪ねて来てくださる…嬉しい限りです。今日は、イギリス人とフランス人の男女のお2人…屋久島から大分入りして、これから別府へ泊って温泉に入って、京都へ行かれるとのこと。
京都はヴィーガンレストランが多いので、楽しみです、とおっしゃっていました。ヴィーガニズム(veganism)のお話しに楽しく花が咲きました。欧米人と日本人を含むアジア人のベジタリアンやヴィーガンに対する考え方の根本の違いは埋めようがないですが、少しずつ、世界は変わって来ていると感じるね、そう願いたいね、と希望をもって確認し合って、彼らは旅路につきました。
このように求められている方にお会いすると、この大分で、細々とヴィーガン・マクロビオティックを実践、提供していることに意義を改めて感じ、また、前に進めるのです。

No comments:

Post a Comment